呉青

パートナー

広州, 中国

専門分野

呉青弁護士の主な取扱分野はニュータウン開発と環境保護における法律業務です。

呉青弁護士はニュータウン開発における法律業務分野に豊富な経験を持っており、過去には佛山中徳工業服務区(佛山新城)、肇慶新城、粤桂合作区などのニュータウン開発プロジェクト、及び佛山、湛江、東莞、肇慶、順徳などの地区の都市再開発、大型商業コンプレックスの建設プロジェクトに参与しました。

この他、呉青弁護士は環境保護の分野において、特に水質汚染や大気汚染及び土壌汚染等の予防と処理に対し、深い研究を行い、長年の経験があります。

  • 2015年、「大気汚染防止法」の立法業務に参与しました。
  • 2014年、「広東省環境保護条例」の立法業務に参与しました。
  • 2013年-2014年、「環境保護法」の立法業務に深く参与しました。その第二回審議後に張徳江委員長が広東環境保護法改正の調査研究座談会に出席し、「環境保護法改定に関する意見」を提出しましたが、呉弁護士は第2期全人代第5回常務委員会に列席し、環境保護法の第三回審議に参加し、再度改訂意見の提出を行いました。呉弁護士は全人代からの要請を受け、環境保護法第4回審議前の専門家調査会に参加し。環境保護法の審議通過後には、環境保護の専門家として、20ヶ国以上の国家レベルのメディアからインタビューを受けました。
  • 2013年3月 呉弁護士は第十二期全人代第1次会議において、「土壌汚染予防法の制定に関する議案」を提出しました。
  • 呉青弁護士は広東省第十期、第十一期省人民代表大会の代表、並びに広東省第十一期人民代表大会常務委員会法制委員会委員を歴任しました。広東省人民代表大会の代表を担当した期間には、呉弁護士は「珠江デルタにおける大気汚染予防条例の制定について」、「飲用水水源保護条例の改正について」、「都市ゴミ処理条例の改正について」、「循環経済の促進条例の制定について」、「再生エネルギー条例の制定について」、「電子ゴミ処理条例の制定について」、「建築物エネルギー管理の普及の提言について」及び、「医療廃棄物管理条例の改正の提言について」等の議案を提出しました。
  • 呉青弁護士は広東省第十一期人民代表大会常務委員会法制委員会委員を担当した期間において、「広東省実施『中華人民共和国海洋環境保護法』辧法」 、「広東省自動車排気汚染予防条例」、「広東省建設プロジェクト環境保護管理条例」、「広東省固体廃棄物環境汚染予防条例」などの制定或いは改定に参与しました。

環境保護立法における全人代及び広東省人民大会への参加だけでなく、呉青弁護士は多くの環境保護についての法律プロジェクトにも参与し、専門的なリーガルサービスを提供し、豊富な実践経験を有しています。例:都市の河川整備プロジェクト、LED契約エネルギー管理(EMC)プロジェクト、土壌汚染処理工事プロジェクト、建筑物エネルギー管理プロジェクト、炭素排出権取引プロジェクトなど。

経歴

呉青弁護士は2013 年に金杜法律事務所に加わりました。金杜に加入する以前は、広東省の著名な弁護士事務所の創立パートナーとして長らく勤務していました。

呉青弁護士は第十二期全国人民大会代表、広東省人民大会常務委員会立法諮問専門家、広東省弁護士協会副会長、中央統一戦線工作部の建言献策政法組構成員、中国国際経済貿易仲裁委員会華南分会仲裁人、中華全国弁護士協会環境と資源法専門委員会委員、中華全国弁護士協会女性弁護士業務委員会委員、中華全国弁護士協会弁護士事務所建設委員会委員、広東省知識界人士会常務理事、及び広東省婦聯執行委員会等の社会的職務を兼任しています。

呉青弁護士は2005-2007年度及び2008年-2010年度における「全国優秀弁護士」の称号を獲得しています。

呉弁護士は1989年に中国政法大学を卒業しました。

呉弁護士の業務における使用言語は中国語と広東語、及び英語です。

Current site :    JP   |   JP
オーストラリア
ベルギー
中国
中国香港特別行政区
ドイツ
イタリア
日本
シンガポール
スペイン
アラブ首長国連邦
英国
米国
グローバル