劉志剛

パートナー

北京, 中国

業務分野

劉志剛弁護士は、当事務所のパートナーであり、主要取扱分野は、銀行業務、融資、派生ツール及び投資・融資等です。

劉志剛弁護士は、多くの国内銀行及び国外銀行に一般銀行業務、貸付業務、貿易融資、銀行コンプライアンス体系、標準書式等を含む金融分野のリーガル・サービスを幅広く提供しています。

劉志剛弁護士は、国際融資業務分野において豊富な経験を有しており、融資者又は被融資者を代理して、多くの輸出貸付、商業貸付、シンジケート・ローン、証券発行、M&A融資等のプロジェクトに参加した経験があります。プロジェクト融資の分野において、貸付人を代理して、中国国内・国外で行われる大規模インフラ、鉱山、石油・ガス資源のプロジェクトを含む多くのプロジェクトにリーガル・サービスを提供しています。これらのプロジェクトにおいて劉志剛弁護士が提供するリーガル・サービスは、クライアントの具体的な取引構造の設計へのサポート、アドバイス・法的意見の提供、協議文書の作成及び相談への参加等に及んでいます。

劉志剛弁護士は、多くの国内銀行の資金導入による新株発行プロジェクト及び銀行支店の株式会社化プロジェクトに参加した経験があり、取引が係わる法的問題に関する分析、法的アドバイス、クライアントの会社統治メカニズム整備へのサポート、関連文書の準備及び交渉への参加、デューディリジェンス、法的意見の提供等のリーガル・サービスをクライアントに提供していました。

劉志剛弁護士は、派生ツール分野において豊富な経験を有しており、銀行及び会社を代理して数十件の派生商品取引に係わる協議を審査し、当該分野の係わる中国法律問題についてクライアントにリーガル・サービスを提供していました。

職歴

劉志剛弁護士は、2003年に金杜法律事務所に加入しました。それまでに、中国建設銀行本店国際業務部及び資金部に長年勤務した経歴があり、銀行国際業務のすべての分野、特に国際融資、国際決済、資金取引、資産証券化等の分野には詳しいです。

劉志剛弁護士は、南開大学国際経済法研究所を修了し、法学修士学位を取得しました。1996年に、中国弁護士資格を取得しました。業務において使用する言語は、中国語及び英語です。

JP | JP
Current site :    JP   |   JP
オーストラリア
ベルギー
中国
中国香港特別行政区
ドイツ
イタリア
日本
シンガポール
スペイン
アラブ首長国連邦
英国
米国
グローバル