矯鴻彬

パートナー

北京, 中国

取扱分野

矯鴻彬弁護士の主な取扱分野は知的財産権訴訟です。矯弁護士は、をこの分野において10年以上の取扱経験を持っています。

矯弁護士は、数多くの国際的な有名な企業に知的財産権の紛争解決サービスを提供し、クライアントの代理として、中国裁判所にて行われた知的財産権訴訟に参加してきました。業務の分野は、特許、商標、著作権(ソフトウェアを含む)、ドメイン名、不正競争防止(商業機密を含む)などの多分野にわたります。

矯弁護士は、商標、特許無効などの知的財産権に係わる行政案件にも豊富な経験を持っています。また、国内外の大手企業に知的財産権の非訴訟リーガルサービスを提供しています。豊かな経験より、矯弁護士が知的財産権の取引案件において、クライアントの権益を守るために、効果的な分析と専門的なアドバイスを提供しましたことで、クライアントの皆様から高い評価を得ています。

履歴

矯鴻彬弁護士は、2004年に金杜法律事務所に入所しました。加入する前、上海市某律師事務所、北京某知的財産権代理有限公司の弁護士を務めました。矯弁護士が、2000年に弁護士の資格を取得しました。

矯弁護士は、1999年に中国政法大学法学学士学位、2002年にイギリスマンチェスター大学の法学修士学位、2013年にアメリカペンシルベニア州立大学のLL.M学位を取得しました。

業務における使用言語は、中国語と英語です。

Current site :    JP   |   JP
オーストラリア
ベルギー
中国
中国香港特別行政区
ドイツ
イタリア
日本
シンガポール
スペイン
アラブ首長国連邦
英国
米国
グローバル