消費財・小売

テクノロジーは、企業の成功を左右する重要な要素となっており、小売業企業はテクノロジー企業へと転換しつつあります

小売業では人工知能技術を活用し顧客サービスや配送サービスを向上させ、高度なロボット工学を活用して物流・サプライチェーン・店舗運営の効率化を図っています。消費者はあらゆるチャンネルから商品やサービスを購入したいと考えるようになっており、企業は、より複雑化した消費者ニーズに直面しています。

当事務所は、消費財・小売分野の依頼者の皆様に対して、あらゆる種類の法的アドバイスを提供しています。

  • サービス契約、アウトソーシング契約、製造契約、供給契約、販売契約などの商業契約
  • IPポートフォリオ管理、ブランド管理、リブランディング戦略、ライセンス契約、R&Dコラボレーション、ジョイントベンチャー、戦略的提携、ファイナンスアレンジメントなどの知的財産権関連業務
  • M&A、プライベート・エクイティ、ジョイントベンチャーを含む企業取引

また、当事務所のサービスは、以下の消費財や小売業界の細分化されたあらゆる分野をカバーしています。

  • 広告及びマーケティング
  • ゲーミング及びゲーム(通信、メディア、エンタテインメント、ハイテクなど)
  • ファッション
  • FMCG
  • 食品及び飲料
  • 小売り
Current site :    JP   |   JP
オーストラリア
ベルギー
中国
中国香港特別行政区
ドイツ
イタリア
日本
シンガポール
スペイン
アラブ首長国連邦
英国
米国
グローバル