紛争解決

訴訟

当事務所では、下記紛争について訴訟代理人としての実績を有し、訴訟実務に精通した日本国弁護士を擁しており、民商事事件を中心とする訴訟案件に対して、調査から紛争解決まで全力でサポートします。また、予防法的観点及び戦略的観点から、紛争を未然に防止するための法的助言を行います。万一紛争化した場合でも訴訟において優位に立つための法的助言も行っています。

  • 金融商品に関する紛争
  • ソフトウェア開発に関する紛争
  • 製造物責任に関する紛争
  • 会社支配権に関する紛争
  • 株主代表訴訟
  • 会社役員責任に関する紛争
  • 労使紛争
  • 倒産法関係紛争
  • フランチャイズ契約に関する紛争
  • 知的財産権紛争
  • 不動産関係の紛争
  • 債権回収に関する紛争
  • 相続に関する紛争

国際仲裁

当事務所には、多様な文化的背景を有し、多言語を理解するチームメンバーとして、コモンロー、日本法及び中国法の専門家が在籍しており、当該チームメンバーは、日本商事仲裁協会(JCAA)、シンガポール国際仲裁センター(SIAC)、国際仲裁裁判所(ICC)、香港国際仲裁センター(HKIAC)、中国国際経済貿易仲裁委員会(CIETAC)、ロンドン国際仲裁裁判所(LCIA)、ロンドン海事仲裁人協会(LMAA)、穀類・飼料貿易協会(GAFTA)並びに脂肪種子および油脂協会(FOSFA)など多くの仲裁廷において案件を処理した経験及び実績を有しています。当事務所の提供するサービスは、国際案件における契約書のドラフト、仲裁に関するアドバイス、機関仲裁及びアドホック仲裁の遂行のみならず、仲裁廷における保全措置並びに、仲裁判断の承認及び並びに世界各地での執行にも及びます。当事務所は、クライアントの代理人として仲裁に関与するのみならず、仲裁人として国際仲裁に関与した豊富な経験をも有しています。

さらに、当事務所は、単に国際仲裁の規則や手続に関する法的アドバイスを提供するのではなく、クライアントがビジネス上の成果を獲得できるよう最大限のサポートを行っています。当事務所は、係争額の大きい、かつ様々な分野の複雑な商業的紛争のアドバイスをしております。当事務所の法的アドバイスは、国際貿易及び商品取引に関する紛争、貿易金融に関する紛争、建設及びインフラストラクチャーに関する紛争、エネルギー及び資源に関する紛争、汚職贈賄等の不正行為に関する紛争、コーポレートガバナンスに関する紛争、輸送に関する紛争、制裁に関する紛争及び保険に関する紛争と多岐にわたります。

Global Arbitration Reviewの国際ランキングに入るローファームとして、King & Wood Mallesonsネットワークは、豊富なリソースを持つ国際仲裁チームを擁し、日本、シンガポール、中国、香港、オーストラリア、ヨーロッパ及び中東のクライアントに対応しています。当事務所は、King & Wood Mallesonsネットワークに所属する紛争解決のスペシャリストと連携を取り、問題が生じた場合には直ちに対応いたします。

ADR

国際紛争解決の手段として、時に訴訟や仲裁は費用が想定外にかさみ、かつビジネス上の関係を壊す可能性があります。訴訟や仲裁が必ずしも適切でないと判断される場合、当事務所は、適当な他の紛争解決の手段がないか常に模索しています。

当事務所は、事案によっては、有益かつ非訴訟的な結果を達成するため、ADRを推奨することもあります。ADRが有効な紛争解決の手段となるためには、紛争解決を主眼においた建設的、創造的及び現実的なアドバイスが必要となります。

 当事務所は多種多様な国、分野で活躍する事業会社や金融機関のクライアントに対し、ADRという選択肢を提供し、①代理人として交渉、調停手続での交渉、和解手続での交渉(多数当事者の案件を含む)、②専門家による決定(Expert Determination)に対するアドバイスとその決定の実行、③早期中立評価手続(Early Neutral Evaluation)及び④戦略への助言、和解の内容のドラフトも含めて、幅広い法域で戦略的なアドバイスを行い、クライアントを代理しております。

担当者

社の業務に影響のある法律問題に関する最新見解をご確認ください。

Given the significant levels of early international support for the Singapore [Mediation] Convention and the growing popularity (and success) of international commercial mediation (see https://www全文

12 September 2019

クリスマスに賛同する七面鳥のように自殺行為を図るものを誰が信じるでしょうか。

2019/08/06

Arbitration arose as a private out-of-court means to resolve disputes. Autonomy, confidentiality, flexibility, neutrality, and finality attracted users. However, some of these very features have全文

19 November 2018

One reason for electing for arbitration as a dispute mechanism is confidentiality of proceedings. But what does that mean?

19 November 2018