趙顕龍

趙顕龍

業務分野

趙顕龍弁護士の主要取扱分野は、不動産及び訴訟・仲裁業務です。

趙顕龍弁護士は、多くの不動産開発会社及び証券会社の法律顧問を担当しており、多くの不動産開発プロジェクトの特別法律顧問として招請され、多くのクライアントに土地使用権取得から、プロジェクト入札、不動産販売及び物件管理までのリーガル・サービスを提供しています。

趙顕龍弁護士は、訴訟及び仲裁分野において豊富な執務経験を有しており、多くの不動産及び証券分野の訴訟、仲裁案件を取り扱った経験があります。

職歴

趙顕龍弁護士は、2001年に金杜法律事務所に入所しました。それまでに、広東華邦世紀法律事務所に専門弁護士として勤務していました。

趙顕龍弁護士は、西南政法大学を卒業し、1998年に中国弁護士資格を取得しました。業務において使用する言語は、中国語及び英語です。

趙顕龍弁護士は、「金融時報』不動産金融コラムの特約コラムニストを務めた経験があり、『ハイテク取引における弁護士実務』(1999年)等の多くの専門著作を書きました。

法律論文作者

The outcome will depend on whether the court applies the doctrine of privity to the construction contract.

13 January 2017