張小聯

張小聯

取扱分野

張小聯弁護士の主要な取扱分野は、会社法務、外商直接投資、不良資産の処分等です。

張小聯弁護士は、これまで国内外のクライアントを代理して、数多くの外商投資プロジェクトに参加した経験を持ち、その投資分野は、国道、橋梁、汚水処理場、LNG、電信、自動車、医薬に及びます。業務内容としては、主に、デュー・ディリジェンス、プロジェクト構造確定への協力、プロジェクトに関する文書の起案、審査、作成、交渉への参加、法律意見書の提供、依頼者と関連政府部門の交渉時の協力等を含みます。

近年、張小聯弁護士は、投資者又は銀行を代理して、国内の大型不良資産の組合・販売プロジェクト案件を数多く取り扱いました。その主な業務内容は、デュー・ディリジェンス、取引文書の作成、プロジェクト交渉への参加等を含みます。また、数多くのハイテク及び情報産業の企業に法的サービスを提供しています。

経歴

張小聯弁護士は、1994年に金杜法律事務所に入所しました。張弁護士は、北京大学を卒業し、法学学士学位を取得しました。1999年に中国弁護士資格を取得しております。業務において使用する言語は、中国語と英語です。

法律論文作者

China's SAFE recently made several enhancements to an existing pilot program regarding the cross-border transfer of Chinese NPLs to foreign investors.

12 June 2018

This article is the updated checklist of issues that should be carefully considered in advance of an acquisition or strategic investment in the U.S.

24 February 2016