尹居全

尹居全

業務分野

尹居全弁護士は、当事務所のパートナーであり、主要取扱分野は、動労・社会保障法、国内訴訟・仲裁及び会社法務です。

尹居全弁護士は、多くの多国籍会社及び国内企業にリーガル・サービスを提供しています。そのサービス範囲には、クライアントのための労働契約、就業規則、企業内部規則制度及び労務派遣協議等の作成・修正を含んでおり、労働関係、労働組合及び従業員教育等の面についてクライアントに法的意見を提供しています、また、クライアントを代理して中華人民共和国の裁判所及び仲裁機構に出廷して各種の訴訟及び仲裁案件を処理しています。

尹居全弁護士は、従業員の配置及び従業員福祉の処理において極めて豊富な経験を有し、多くの国内大手企業の破産清算手続きに参加した経験があります。

また、長期に渡って多くの多国籍会社及び国内大手企業の法律顧問を務めており、会社法務の処理においても豊富な経験を有しています。

職歴

尹居全弁護士は、2001年に金杜法律事務所に加入しました。それまでに、広東華邦世紀法律事務所に勤務していました。

尹居全弁護士は、中国政法大学を卒業して法学学士学位を取得しました。1997年に中国弁護士資格を取得しました。

業務において使用する言語は、中国語及び英語です。

法律論文作者

Although employers shall care about sick employees, employers should treat situations where employees ask for sick leave in bad faith and sick leave exceeds statutory limitations strictly. The全文

22 November 2018

Different regions have different regulations on the legal consequence of failure to fully pay social insurance.

18 April 2018

Different regions have different regulations on the legal consequence of failure to fully pay social insurance.

27 March 2018

The employer must exercise caution when it considers pay cuts for its employees.

24 April 2017