楊暁莉

楊暁莉

専門分野

楊暁莉の専門分野は、知的財産権です。

楊暁莉は、過去数多くの多国籍企業を代理して商標出願、権利確定、紛争解決、譲渡、ライセンス及び権利保護に関する業務を取扱い、多数の権利侵害分析報告書及び総合的な知的財産権保護意見書の制定に参与しました。また、国内外の著名な企業のドメインネーム争議の解決、商標の行政訴訟、権利侵害訴訟、不正競争訴訟等を代理し、商標権利の取得及び権利保護、知的財産権の総合的な保護、権利の実施などの分野において豊富な経験を積み重ねてきました。クライアントの業種は、電子、化工、服装服飾、化粧品、食品、飲料、出版、レストラン、小売業等を含みます。

また、ヨーロッパ諸国(とりわけイギリス)の商標、特許、著作権、意匠に関する知的財産関連法及びそれらに関連する競争法、並びに著作権、ドメインネームに関わる紛争の解決、ソフトウェア及び商業秘密保護に関する事務にも精通しています

揚暁莉は、マドリッド条約及びマドリッド議定書の商標国際登録に関する規定及び実務に精通しており、これらの分野において豊富な経験を有しています。

経歴

揚暁莉は、2001年に金杜法律事務所に入所しました。金杜法律事務所加入以前、揚暁莉は、中国国際貿易促進委員会特許商標機構に商標代理人として勤務していました。また、中国国家地震局国際合作司プロジェクト役員も務めておりました

揚暁莉は、吉林大学を卒業し、文学学士学位を取得しました。その後、イギリスロンドン大学にて知的財産権修士学位を取得しました。

現在揚暁莉は、国際商標協会(INTA)会員及び国際許可貿易保護協会( LES )の会員でもあります。

業務で使用する言語は、中国語と英語です。

法律論文作者

In the 2015 case summary published by the TRAB, only seven cases involve certification marks, including the three handled by KWM.

08 October 2016

On 2016 World Intellectual Property Day, we present this series of articles aiming to explore the distance digital technology transcends and the challenges it embodies.

26 April 2016

The requirements for recognizing whether a prior trade name has certain fame can be lowered under the condition that the relevant party acts in bad faith.

11 November 2015