徐静

徐静

取扱分野

徐静弁護士の主要な取扱分野は、知的財産権訴訟、紛争解決及び知的財産権・技術許可です。

徐静弁護士は、知的財産権に関する訴訟、申請等の事務、商業関連事項などについて豊富な実務経験を積んできました。徐弁護士が代行する訴訟案件は、特許、著作権、商標、ドメインネーム、不正競争防止、営業秘密、知的財産権許可、技術譲渡協議及び紛争解決を含む知的財産権保護の各分野に及びます。商業的知的財産権の法律分野で徐弁護士が提供する具体的な業務として、知的財産権許可協議の起案、交渉及びその施行などを含みます。徐弁護士が代行する顧客の多くは有名な多国籍企業です。

経歴

徐静弁護士は、2000年に金杜法律事務所に入所しました。

徐静弁護士は、山東大学法学院を卒業し、法学学士学位と民商法学修士学位を取得しました。現在、中国社会科学院法学研究所の知的財産権専攻博士課程で学んでおります。

徐静弁護士は、2000年、中国弁護士資格を取得しました。使用言語は、中国語、英語です。

法律論文作者

On April 21, 2020, Beijing Higher People’s Court released the Guidelines on Determination of Damages and Statutory Damages in Disputes over Intellectual Property and Unfair Competition (the 全文

28 May 2020

This case serves as guidance and reference for handling other similar cases.

26 April 2017

This article discusses whether sports tournaments are protected by copyright, which would facilitate the development of the sports industry.

29 July 2016

On 2016 World Intellectual Property Day, we present this series of articles aiming to explore the distance digital technology transcends and the challenges it embodies.

26 April 2016