吳曄

WU,Ye

取扱分野

吳曄弁護士の主な取扱分野は外商投資、M&A、クロスボーダー投資及び企業法務です。

吳曄弁護士は、外商投資、M&A、クロスボーダー投資及び企業法務等の分野において、豊富な実務経験があり、数多くの外国投資者が中国にて直接投資、企業再編、買収・合併プロジェクトに参与し、その業界は、インフラ、製造業、不動産、流通、物流、エネルギー、交通、ハイテクノロジー、医薬、電気通信、電力、電子商取引及び日用消費財等の多くに及びます。多国籍企業及び/又は機構に、中国において合弁、合作、独資企業、駐在事務所の設立や展開業務のためにリーガル・サービスの提供、国外投資や買収プロジェクトを行うために国内機構へのトータルなリーガル・サービスの提供、国内外の著名企業への通年及び日常的なリーガルサービスの提供を行っています。

吳曄弁護士は、国有企業の制度改変、プライベートファイナンス、民営企業の再編及び国外公開株式の発行、株式上場等の分野においてもまた、実務経験を豊富に積み重ねています。

経歴

吳曄弁護士は2001年に金杜法律事務所に加入しました。

吳曄弁護士は、復旦大学法学部国際経済法学科を卒業し、法学学士の学位を取得しました。その後イギリスシェフィールド大学法学部商法学科を卒業し、修士の学位を取得しました。また、中国弁護士資格も有しております。

業務において使用する言語は中国語と英語です

法律論文作者

The Foreign Investment Law of the People’s Republic of China (the “Foreign Investment Law”) that issued last year came into effect on January 1, 2020 together with the supporting Regulations for the全文

31 March 2020

This article sums up the Outline Development Plan for the Guangdong-Hong Kong-Macao Greater Bay Area and its vision for the core GBA cities.

25 February 2019

This marks the beginning of a new chapter for foreign investment in China and new opportunities.

10 August 2017

This article will focus on the changes made by the Interim Measures, FIE filings, and what the Negative List looks like.

11 October 2016