吴巍

吴巍

取扱分野

吴巍弁護士は、訴訟、仲裁分野での経験が豊富であり、職務犯罪調査及び民事、行政案件、法律監督方面の分野において確かな実践力を備えております。

吴巍弁護士は、これまでに数多くの民事行政訴訟案件や各省検察院控訴などの案件を取扱い、これまでに手掛けた民事、行政案件は500件にも及びます。また、誤審案件に対して、法律に基づく最高裁判所への上告審により判決を覆した実績もあります。

経歴

吴巍弁護士は、2003年に金杜法律事務所に入所しました。金杜法律事務所加入以前は、最高検察庁に10数年勤務し、最高検察庁民事行政検察庁民事処所長を務めておりました。

吴巍弁護士は、吉林大学法学部を卒業し、法学学士学位及び修士学位を取得しました。

吴巍弁護士は、国内法学雑誌に多数の論文を掲載しており、教育部編纂の「経済合同法」執筆に参加しました。また、共同翻訳の「論契約死亡」は、「民商法論シリーズ」第三巻に納められています。

法律論文作者

Corporate executives may bear personal liability for absence of a compliance program.

24 November 2017

World Bank, enforce strict compliance procedures for their borrowers,enterprise should take an active role in proceedings.

23 May 2017

AIIB strictly polices misconduct such as fraud and corruption.Chinese enterprises should pay special attention to the cross-debarment policies.

16 May 2017

Chinese firms will need to meet high standards to avoid breaching compliance requirements.

15 May 2017