王栄康

王荣康

取扱分野

王栄康弁護士の主な取扱分野は、外商投資、M&Aです。

王栄康弁護士の外商投資分野における法律業務はとても幅広く、これまで数多くの外商投資プロジェクトを取り扱いました。王栄康弁護士は、M&Aの分野においても豊富な経験を有しており、過去において、数多くの会社再編、M&Aプロジェクトに参加し、その業種は、インフラ建設業界( 公共交通、水道、港湾、地下鉄、高速道路)不動産、小売業、物流、ハイテク企業、製薬業界、テレコム、電子、サービス業に及んでいます。

王栄康弁護士は、国内外投資者に対して、深セン都市インフラ建設業界における公共交通、水道、港湾、地下鉄及び食品業界の財産権多様化制度改正、投資プロジェクトのリーガル・サービスを提供しました。また、外国投資者の中国華南地区の投資プロジェクトについてもリーガル・サービスを提供しました。このほか、国外の著名な企業に対して年間法律顧問も担当してきました。

経歴

王栄康弁護士は、1998年に金杜法律事務所に入所しました。金杜法律事務所加入以前は、中華人民共和国司法部外事司欧米課の副課長として勤務しておりました。

王栄康弁護士は、北京第二外国語学院英文科を卒業し、英語文学学士学位を取得しました。その後、北京大学大学院国際関係修士及び法学修士学位を取得しました。王栄康弁護士は、1994年から1995年まで大学客員研究者として米国シカゴイリノイ大学を訪れ、その後米国ゴールデンゲート大学にて研修を 受けました。帰国後は、西南政法大学経済法学博士を取得しました。王栄康弁護士は、1999年に中国弁護士資格を取得しております。

業務において使用する言語は、中国語と英語です。

AQ担当者

AQ
王栄康はAQ担当者の一人です
法律論文作者

This article sums up the Outline Development Plan for the Guangdong-Hong Kong-Macao Greater Bay Area and its vision for the core GBA cities.

25 February 2019

With draft revision of the Foreign Direct Investment Industries Guidance Catalogue, China plans sweeping foreign investment reforms.

24 April 2015