王俊峰

王俊峰

取扱分野

王俊峰弁護士は、金杜法律事務所の創立者であり、現在、事務所管理委員会主席を担当しています。

王俊峰弁護士は、30年以上に渡り専門的なリーガル・サービスを提供してきました。その主要な取扱分野は、証券・金融、M&A、国際貿易・投資、国際仲裁等です。王俊峰弁護士は、中国国際貿易促進委員会、北京仲裁委員会、深圳仲裁委員会仲裁人を担当し、北京市人民代表大会法制顧問に招聘されたこともあります。

王俊峰弁護士は、最も早く証券業務執務資格を取得した弁護士の一人であり、多くの大手国営企業、民間企業の株式制変革、株式発行及び上場の案件に携わりました。また、数多くの新しいインフラプロジェクトに専門的なアドバイスを提供した経験を持ち、企業法務・ビジネス分野における専門技能及び総合業務の取扱は、業界で広く認められています。

王俊峰弁護士は、金杜法律事務所管理委員会主席として、管理委員会を率いて政策方針及び長期戦略計画を制定し、事務所の監督管理を行っています。また、滅私奉公、チームワーク、熱心な公益事業、実務重視、たゆみない向上、専門的なサービスという事務所の文化理念の形成を促進しています。

経歴

王俊峰弁護士は、1986年に中国国際貿易促進委員会に招聘され、当該委員会に属する中国環球法律事務所商事部の責任者を担当しました。

王俊峰弁護士は、社会事業の発展に積極的に取り組んでいます。現在、中国人民政治協商会議第11期全国委員会委員、中華全国弁護士協会会長、欧米同学会商会2005期理事、国務院外事僑務弁公室法律顧問を務めています。また、かつて第9期、第10期中華全国青年連合会常務委員会委員、第6期北京市弁護士協会副会長を務め、2004年には、中国証券監督管理委員会第6期株式発行審査委員会委員に就任しました。

王俊峰弁護士は、吉林大学法学院を修了し、法学学士及び法学修士学位を取得しました。また、カリフォルニア大学バークレー校にて、法学修士及び法学博士学位を取得しました。王弁護士は、客員学者として欧米等で研修・勤務の経歴もあります。

業務において使用する言語は、中国語と英語です。