田文静

田文静

取扱分野

田文静弁護士の主な取扱分野は、国際工程請負、技術ライセンス、技術輸出入、知的財産権許諾協議紛争解決、入札募集、国際貿易等です。

海外工程プロジェクトの分野では、田弁護士は数多くの国際工程請負プロジェクトのために、契約のチェック、交渉、契約の賠償請求を含むリーガル・サービスを提供しており、内容はパキスタンLUCKY社のセメント工場プロジェクト、ミャンマーのLPGプロジェクト、ジャマイカにおける三期水道設備の改築・拡張工事、タイの流動床輸出プロジェクト、ベラルーシにおけるシネマコンプレックスの建設プロジェクトの総請負、トルコ、パキスタンの機関車輸出プロジェクト、ウズベキスタンにおける鉄道の電気化改造プロジェクト等を含みます。田弁護士はFIDICの契約約款及び世界銀行、アジア開発銀行、日本JBICの標準購買契約条項に熟知しており、プロジェクト工程契約及び大型機械設備の輸出入契約の起草する経験が豊富であります。田弁護士は、鉄道部の高速鉄道技術導入プロジェクトのため、京津(北京・天津間)、武広(武漢・広州間)、鄭西(西安・鄭州)、広深港(広州・深セン・香港)高速鉄道の4件の電気システムに関する集積工程の総請負契約を起草し、高速鉄道会社のCHR施行総請負契約の範本と、CHR工程総請負契約の範本のため、リーガル・コンサルティングと意見を提供しています。

田文静弁護士は、技術許可、技術輸出入、知的財産権許諾協議紛争解決方面で豊富な経験があります。田文静弁護士は中国輸入方の代表として100以上のプロジェクトの交渉、契約書の起草審査、及び渉外訴訟、仲裁の争議解決に参加しました。また鉄道部の高速鉄道技術導入プロジェクト、国家核電技術公司の第三代核電技術(AP1000)の導入プロジェクトの交渉に直接参与しました。田文静弁護士は、プロジェクトの責任者として商務部国際技術貿易指南プロジェクトの編集作業に参与しており、「国際技術貿易指南」の主要編集者でもあります。

経歴

田文静弁護士は、2010年11月に金杜法律事務所に加入しました。金杜へ加入する前には、国資委(国務院国有資産監督管理委員会)直属の中国通用技術(集団)控股有限責任公司にて法律顧問、主任法律顧問、訴訟仲裁部マネージャー、諮問部マネージャー等の職務を担当していました。企業で法務の業務を行う以前には、7年近くの大型設備の技術輸出入貿易に関する国際商務の経験があり、中国ロシア政府の貿易プロジェクトの下、3大発電所輸入契約の執行作業に直接参与し、高級国際商務師として、企業の業務部にてプロジェクトマネージャーを務めていました。

田文静弁護士は、1994年に華中師範大学のロシア文学科を卒業し、ロシア文学学士の学位を取得しました。2001年には北京大学を卒業し、法律修士の学位を取得しました。田文静弁護士は、2000年に中国弁護士資格を取得しました。

業務における使用言語は、中国語、英語とロシア語です。

法律論文作者

Investors must pay attention to the selection of investment paths

08 December 2016

This article presents an introduction of the sovereign guarantee of Russia.

03 June 2016