雲治

雲治

取扱分野

雲治弁護士の主要な取扱分野は、訴訟、仲裁、裁判外紛争解決手続(ADR)です。

雲治弁護士は、十数年の法律実務経験があり、特に、ビジネス、知的財産権、投資、PL法等の分野の訴訟と仲裁方面おいて、豊富な実践経験を有しております。雲弁護士は、かつてクライアントを代理し、国際貿易や決済、PL、不正当競争等の各種紛争に及ぶ多数の重大で影響力のある訴訟案件を取扱いました。このほか、各種取引構成及びビジネス運営モデルについて幅広く熟知しており、この強みを活かし、各種紛争案件についてクライアントのビジネス目的にふさわしい紛争解決の戦略を立案し、さらに、重要で複雑な法的問題についてアドバイスやプランを提供することにより、関連リスクに対する効果的な制御及び管理の方面で、クライアントをサポートしています。雲弁護士は、ビジネスコンプライアンスの分野における研究と関連経験を有しており、クライアントを代理し、労働紛争の案件も取り扱っております。

経歴

雲治弁護士は、1999年に金杜法律事務所から弁護士としてのキャリアを開始し、2009年に、再び金杜法律事務所に加入しました。金杜に再加入する以前は、多数の著名な大手国際企業の法務部に所属し、高級顧問や法律監督等の重要な職位に就いておりました。

雲弁護士は、復旦大学法学部を卒業し、2000年に中国弁護士資格を取得しました。