彭亞

彭亞

専門分野

彭亜弁護士の主な取扱分野は、企業M&A、投資、金融、不動産、公共インフラなどに関わる訴訟と仲裁で、豊富な実践経験を有しています。

彭亜弁護士は企業M&Aプロジェクトにおける長年の法律サービスの経験があり、多くの企業M&Aの紛争案件で代理人を勤めました。企業M&A紛争に関する全体的な争議解決に対して、独自の見解と豊富な経験を持ち、また関連論文も発表しています。

彭亜弁護士は長期的に金融商品や、政策及び法律法規に注意を注いでおり、多くの社会的な影響力のある金融案件を代理しました。特に新型金融商品紛争案件に関して深く研究をしており、豊富な経験を有しています。

不動産投融資プロジェクト、公共事業民営化プロジェクト(PPP)について法務経験を基づき、彭亜弁護士は顧客を代理し多くの不動産プロジェクトや公共インフラプロジェクトの案件を処理しました。

この他、彭亜弁護士は多くの大型国有企業、外資企業、民営企業に法律顧問サービスを提供しています。

経歴

彭亜弁護士は2005年に金杜法律事務所に入所、現在は本事務所のパートナー弁護士を務めています。彭亜弁護士は北京市弁護士協会M&Aと再編の専門委員会メンバーの一人でもあります。

彭亜弁護士はシンガポール国立大学法学部と北京大学法学部を卒業し、それぞれ修士の学位を取得し、北京大学歴史学部では、歴史学士の学位を、北京大学経済研究センター(CCER)では経済学学士の学位を取得しています。2004年に中国弁護士の資格を取得しました。

業務における使用言語は中国語と英語です。

法律論文作者

This article presents an overview of false litigation under new laws.

01 July 2016

“Electronic signature” is a hot topic as always. Technology is changing rapidly and techniques for verifying an electronic signature will also change.

01 July 2015