姜夢筆

取扱分野

姜夢筆弁護士の主な取扱分野は外商直接投資、クロスボーダーM&A、企業法務及び資産再編です。

姜夢筆弁護士はクロスボーダーM&A方面において豊富な経験があり、多くの大型多国籍企業を代表し、中国投資と引揚げに関するプロジェクトを展開してきました。携わった業界は伝統製造業、自動車、航空工業、化学工業、農業など多岐に渡ります。姜夢筆弁護士はプロジェクトスキームの設計、戦略プランの提供、デューデリジェンスの実施、取引文書の起案と協議、法的意見の提供、決済と決済後の問題の解決などを含むリーガルサービスを提供しています。

また、対外投資と建築業方面に対しても充分な経験を有しています。

経歴

姜夢筆弁護士は2014年に金杜法律事務所に加入しました。金杜へ加入以前は、某著名国際法律事務所において業務を行っていました。

華東政法学院を卒業し、法学学士の学位を取得しました。また、フローニンゲン大学とニューヨーク大学でそれぞれ法学修士の学位を取得しました。

業務における使用言語は中国語と英語です。

AQ担当者

AQ
姜夢筆はAQ担当者の一人です