劉郁武

刘郁武

取扱分野

劉郁武弁護士の主な取扱分野は渉外仲裁及び訴訟です。

劉郁武弁護士は中国国際貿易促進委員会の中国国際経済貿易仲裁委員会で10年間勤務していました。国際貨物取引、中外合弁合作、賃借、知的所有権、建設工事請負、外国貿易代理などに関する数百件の仲裁事件を取り扱い、豊富な経験を有しています。

経歴

劉郁武弁護士は2006年金杜法律事務所に加入しました。金杜に加入する前は、中国国国際貿易促進委員会の中国国際経済貿易仲裁委員会秘書局で国内 業務部処長を担任していました。また、劉郁武弁護士は中国国際経済貿易仲裁委員会仲裁員、北京仲裁委員会首席仲裁員、独自仲裁員又は仲裁員を担任し、30 件近くの事件を取り扱いました。それ以外に、中国国際経済貿易仲裁委員会専門家諮問委員会のメンバーとして、20件あまりの難解な事件について専門家意見 を提供しました。

劉郁武弁護士は中国国際商会仲裁院調解センター調解員、中国国際経済貿易仲裁委員会糧食業界仲裁センター委員、法律副研究員、中国体育法学会理事及び北京市法学会環境法研究会理事でもあります。

劉郁武弁護士は相前後して中国人民大学法学院、対外経済貿易大学法学院にて法学学士及び修士学位を取得し、現在は対外経済貿易大学法学博士課程に在 学中です。劉郁武弁護士は1996年に弁護士資格を取得し、2004年にイギリス皇室仲裁員協会会員試験に合格し、会員になりました。

法律論文作者

This article analyzes challenges relating to evidence collection within China by foreign parties.

19 May 2016