林青松

林青松

業務分野

林青松弁護士の主要取扱分野は、証券、会社投資、M&A等です。

林青松弁護士は、証券分野において豊富な経験を有しており、多くの中国の大手・中規模国有企業、民間企業、外商投資企業及びハイテク企業の再編、体制変革、M&A及び国内外のIPOプロジェクトに参加していました。その取り扱ったプロジェクトの中で、その年、アジア又は国際機構が授与した年度ベストプロジェクト賞を受賞したプロジェクトが多くあります。

また、林青松弁護士は、多くの上場会社、大手国有企業、民間企業及び有名な外資企業の法律顧問も務めており、これらの会社の投資、資産再編・M&A、ビジネス交渉等について、関連リーガル・サービスを提供しています。

職歴

林青松弁護士は、2000年に金杜法律事務所に入所しました。それまでに、広東火電工程総公司にて渉外プロジェクト入札に参加した経歴があります。

林青松弁護士は、武漢大学で文学学士学位を取得してから、南開大学で国際法修士学位を取得しました。2001年に中国弁護士資格を取得しました。業務において使用する言語は、中国語及び英語です。