廖飛

廖飞

業務分野

廖飛弁護士の主要取扱分野は、商標及び版権に関する法律業務です。

廖飛弁護士は、長年に渡って国内外のクライアントに知的財産権に関するリーガル・サービスを提供し、豊富な実践経験を有しています。クライアントに提供するリーガル・サービスには、国内外クライアントを代理した中国における商標帰属の確定、ライセンス、譲渡、紛争解決、権利侵害・撲滅、税関届出記録、行政訴訟、ドメイン登録、版権登記、版権契約の作成及び各種の関連法的アドバイスを含んでいます。また、中国クライアントを代理して100余りの国における商標登録、権利保護をし、関連コンサルティングを提供し、クライアントのためにブランド戦略及びグローバル商標保護戦略を制定し、商標管理に関するコンサルティング及び各種の商標に関する法律知識講座・教育を行いました。

廖飛弁護士は、中国の商標、版権、不正競争防止等の知的財産権に関する法律理論・実践に精通し、企業の商標管理実務及びニーズを理解し、他国の商標に関する法律知識・実務にもよく知っています。多くの多国籍企業の中国における商標権保護を成功に代理したことがあり、多くの中国企業のために海外商標紛争を成功に解決した経験もあります。

職歴

廖飛弁護士は、2006年に金杜法律事務所に入所しました。それまでに、中国国際貿易促進委員会特許商標事務所で長年商標に関する法律事務をしていました。

廖飛弁護士は、北京大学を卒業して英語言語文学学士学位を取得し、同時に法律の副専攻を修了し、後でUniversity College London法学院の会社法及び商法法学の修士学位を取得しました。

1999年に中国法律弁護士資格を取得し、2000年に商標代理人資格を取得しました。業務において使用する言語は、中国語及び英語です。

法律論文作者

On 2016 World Intellectual Property Day, we present this series of articles aiming to explore the distance digital technology transcends and the challenges it embodies.

26 April 2016