李強

LI, Qiang

業務分野

李強弁護士は、当事務所のパートナーで、主に外商投資、銀行及びインフラ・公共事業の私営化に関する法律業務を取り扱っています。

李強弁護士は、外商投資業務分野において豊富な執務経験を有しています。多くの国外投資家を代理して、外商投資企業の設立、投資、再編、M&A、融資等の業務を取り扱い、投資案設計、プロジェクト交渉、デューディリジェンス、法律文書の作成等のリーガル・サービスをクライアントに提供し、かつ、外商投資プロジェクトが係わる産業政策、認可手続き、税務、外国為替、輸出入業務、労使等の問題についてアドバイスを提供していました。また、多くの中国・国外銀行、投資信託会社の法律顧問を務め、数多くの銀行融資、信託プロジェクトに参加してきました。李強弁護士は、銀行、信託分野における主要業務は、銀行貸付構造調整、信託財産の資金運用枠組み設計、法律文書の作成等に及んでいます。また、インフラ及び公共事業の私有化分野においても豊富な経験を有しており、外国投資社を代理して、TOT、BOT等の方式で中国において水工場、汚水処理場等のインフラプロジェクトに投資し、運営していました。

職歴

李強弁護士は、2008年に金杜法律事務所に加入しました。1995年ハルピン工程大学を卒業して法学学士学位を取得し、2005年に中国社会科学院大学院を修了して法学修士学位を取得しました。1996年に中国弁護士資格を取得しました。業務において使用する言語は、中国語及び英語です。

法律論文作者

This article presents an introduction of extraterritorial practices of medical institution PPPs.

24 March 2016