姜翼鳳

姜翼鳳

取扱分野

姜翼鳳弁護士の主な取扱分野は企業の国内上場、M&A、再編及び再融資です。

姜翼鳳弁護士は長年の証券サービスの経験があり、A株の新規株式公開、上場分野において、数多くの会社の上場プロジェクトに参与してきました。その業界はメディア、金融、ハイテクノロジーなどに及びます。

上場会社のM&A、再編の分野では、姜弁護士は上場企業の持分譲渡、株式発行資産購入プロジェクト、買収・再編、間接買収、TOB・重大資産再編等のプロジェクトを担当し、その主な業界は鉱物資源、不動産、電力、製造業等に及びます。

上場会社の再融資分野では、姜弁護士は主に、多くの上場会社の未公開株発行、A株割当、債権・短期融資券の発行、非公開定向債務融資工具の発行等のプロジェクトを担当しています。

また、エネルギー及び化学工業会社の通年法律顧問も務めています。

経歴

姜翼鳳弁護士は2005年に金杜法律事務所に加入しました。

姜弁護士は復旦大学を卒業し哲学学士の学位を取得しました。その後、清華大学で法学修士の学位を取得しました。姜弁護士は中国弁護士取扱資格を有しています。

業務で使用する言語は中国語と英語です。