劉海涛

LIU, Harry (Haitao)

取扱分野

劉海涛弁護士の主な取扱分野は商事訴訟及び国際仲裁で、20年間以上の訴訟仲裁経験があります。劉弁護士は様々な業界の多くの国内外の企業を代表して商事訴訟と仲裁を行ってきました。劉弁護士の複雑な案件を処理する技術とプロ精神は、クライアントより高い評価を得ています。

2006年以来、劉海涛弁護士は連邦海外腐敗行為防止法に関するコンサルティング及びコンプライアンス調査等、数多くのコンプライアンス案件を処理してきました。劉弁護士は中国のバックグラウンドを持つ米国上場会社へのコンサルティングサービスの提供や、一連のこの種類の会社の独立調査を行った経験があります。劉海涛弁護士が携わったコンプライアンス案件のクライアントの業種は医薬、医療器械、トップスポーツブランド、ラグジュアリーブランド、広告、情報技術、石油化学及びバイオディーセル等多岐にわたります。

経歴

劉海涛弁護士は、南京大学で法学本科、華東政法学院で法学修士の学位を取得、コロンビア大学法学修士の学位も取得しました。劉弁護士は中国弁護士資格とアメリカニューヨーク州の弁護士資格を取得しました。劉海涛弁護士は、中国国際経済貿易仲裁委員会と上海国際仲裁センターの仲裁員でもあります。

劉海涛弁護士の業務における使用言語は中国語と英語です。

AQ担当者

AQ
劉海涛はAQ担当者の一人です
法律論文作者

Commercial bribery has been in the spotlight during the amendment process.

07 November 2017

More is required than simply removing state secrets to meet legal requirements.

04 September 2017

An up to date guide to the anti-bribery and corruption policy in China.

01 August 2016

Article 7.5 of PRC Arbitration Law is unwarranted and serves possible challenges to the enforcement of arbitral awards.

03 July 2013