郝朝晖

HAO, Zhaohui (Daryl)

業務分野

郝朝暉弁護士の主要な取扱分野は、上場会社の破産再編、証券会社等の金融機構の破産清算、会社・企業の破産再編、破産清算、外商投資企業の清算、訴訟及び仲裁です。

郝朝暉弁護士は、10年余りの弁護士実務経験を有しており、これまで、数十社の大型・中型企業、上場会社及び金融機構の破産清算及び再編プロジェクトを取り扱ってきました。また、2007年の新企業破産法実施以降、郝弁護士は、各方面に多大な影響を及ぼす上場会社破産再編プロジェクトを複数件取り扱ってきました。さらには、多くの金融機構の破産清算、行政整理及びリストラ分野のプロジェクトに参与、又は主宰してきました。そのほか、数多くの有名な金融機構を代理して、多数の重大な訴訟・仲裁案件に関わってきました。

『Chambers Asia-Pacific 2015』において、郝朝暉弁護士は「‘Up and Coming’lawyer in Restructuring/Insolvency」に選ばれました。その中で顧客からは「破産再編分野における経験が豊富である」と評価されています。

職歴

郝朝暉弁護士は、2002年に金杜法律事務所に入所しました。加入以前は、法律責任者として、上海信安盟不動産開発有限公司に勤務していました。

郝朝暉弁護士は、吉林大学を卒業し、法学学士学位を取得し、1999年に中国弁護士資格を取得しました。
法律論文作者

We provide an overview of the Pilot Mechanism in cross-border insolvency.

09 July 2021

Keepwell deeds, also known as letters of comfort, are a credit protection tool commonly used by Chinese companies issuing debt offshore.

23 February 2021