龚牧龍

GONG, Mulong

取扱分野

龔牧龍弁護士は、企業の制度改革及び国内外の上場、国内外のPEファンド投資、PEファンドの設立、募集及び買収・吸収合併の分野で豊富な経験があります。

企業制度改革及び国内外の上場方面において、龔弁護士は数多くの国営企業及び民営企業にリーガルサービスを提供しました。その中では比較的なモデルケースとなるプロジェクトには、中国工商銀行の株式制度改革、投資者誘致及び国内外の上場、中国石油天然気股份の香港及び米国上場、中国国際航空公司の香港及びロンドン上場、中国電信集団公司の香港上場、中国移動の全世界での増資、中国人民保険公司の香港上場、中国対外貿易運輸集団公司の香港上場、中国電子集団公司の部分資産がレッドチップモデルで香港上場、中国光大銀行の国内上場、北京銀行のA株発効及び上場、重慶農村商業銀行の香港上場、網易網のナスダック上場、文思創新軟件技術有限公司のニューヨーク取引所上場、JA Solarのナスダック上場、浪潮電子香港有限公司の上場、貴州茅台酒股份有限公司のA株発行及び上場、貴州貴航汽車部品股份有限公司のA株発行及び上場、大唐電信股份有限公司のA株発行及び上場、銀信科技股份有限公司の創業板への上場、中国再保健集団の制度改革等が含まれます。

国内外のPEファンド投資方面において、龔弁護士は多くの国内外で有名なPFファンド投資機構にリーガルサービスを提供し、数十もの国内外PEファンドプロジェクトに参与しました。

PEファンドの設立及び募集方面において、龔弁護士は十余りの有名株式投資基金の設立及び募集のためリーガルサービスを提供しました。

企業における投資者誘致、買収・吸収合併等その他資本運用分野において、龔弁護士は、北京農村商業銀行、西安商業銀行の戦略投資家誘致、新聞集団と華人文化産業のファンド提携プロジェクト、長城電脳による冠捷科技股份有限公司の買収、西藏天圓鉱業資源開発有限公司によるトロント取引所に上場している企業の買収、天威新能源によるアメリカに上場している企業の買収、ダイムラー・クライスラー集団の中国における合弁及び買収プロジェクト、MI能源公司の買収プロジェクト、貴州茅台酒股份有限公司の株式保有配置の改革等のプロジェクトを行いました。

龔弁護士は、そのほかに「グラス・スティーガル法の盛衰」、「新会社法の実施と中国資本市場の発展」等の著書を発表しました。

経歴

龔弁護士は、2001年に金杜法律事務所に加入しました、現在は金杜法律事務所のパートナーです。加入前は、競天公誠法律事務所に勤務しました。

龔弁護士は北京市青年共同委員会に委員として担当しました。

龔弁護士は、中国法政大学を卒業し、法律学士の学位を取得しました。

龔弁護士の業務における使用言語は、中国語と英語です。

法律論文作者

the participants of the transaction worked together to successfully close the Liaoning Port Group acquisition transaction on 3 December 2018.

16 January 2019

Our first Asia edition of Private Equity Comment looks at the "New Rules" facilitating investment by international funds into China.

28 September 2016