杜宏晖

杜宏晖

取扱分野

杜宏暉弁護士の主な取扱分野は外商直接投資、M&A、基金設立、保険資金の運用と税務です。

杜宏暉弁護士はクライアントのいくつもの重大なプロジェクトの代表を務めました。保険、貨幣仲介、港、インターネット、エネルギー、自動車部品、物流、消費品等の業種のM&Aや合弁プロジェクト、及び各種形式の人民元基金の設立プロジェクトなどが含まれます。その中には年度中国最大取引額のPEファンドプロジェクトがあり、該当プロジェクトは有名法律雑誌に年度最優秀PEプロジェクトと評価されました。杜宏暉弁護士は外国投資者、合弁企業の中国方の代表を務めた経験、M&Aの経験もあります。その他にも、多くの多国籍企業、国内大手企業の中国法律顧問を担当し、日常の法律事務を処理しています。また、杜弁護士は税務分野においても豊富な経験があります。

経歴

杜宏暉弁護士は2003年に金杜法律事務所に加入しました。金杜加入前は、商業銀行、2ヶ所の法律事務所に勤務しました。2008年杜弁護士は出向し、イギリスのSJバーウィン法律事務所ロンドン本部基金設立チームで勤務しました。

杜弁護士は復旦大学を卒業し、法学学士の学位を取得後、ロンドン政治経済学院において、法律と会計修士の学位を取得しました。業務における使用言語は中国語と英語です。

法律論文作者

Our first Asia edition of Private Equity Comment looks at the "New Rules" facilitating investment by international funds into China.

28 September 2016

QDII2 offers an unprecedented channel for Chinese investors to invest offshore and closely follows reforms easing restrictions on foreign investment.

26 October 2015

Chinese insurance companies will now be permitted to establish Chinese private equity funds, providing potential opportunities for European managers and investors.

22 October 2015