董剛

董剛

業務分野

董剛先生は金杜法律事務所の税務業務の責任者を務めています。主要な取扱分野は中国税務及び企業コンサルティングです。

董剛先生は中国税務分野で15年以上の専門経験を有しており、多国籍企業や国内外企業に多方面に渡る税務コンサルティングサービスを提供しております。具体的には、税務リスク分析、税務プランニング、M&A取引、企業構造計画、FDI、FATCA税務法律コンプライアンス、移転価格、税務紛争解決等を含みます。業種は、医薬、エネルギー、鉱物、不動産、金融投資、電信、ソフトウェア、造船、小売、製造業等の分野に及びます。董先生は中国税務法律法規及び実務を熟知しており、これまで、クライアントを代理して、中国税務査察、税務紛争や移転価格案件の解決を成功させております。

職歴

董剛先生は、2009年に金杜法律事務所に入所しました。金杜に入所する以前は、安永会計師事務所(Ernst&Young)にて高級税務経理を務めておりました。また、2000年から2006年までの間には、PWC香港事務所及びデロイト トウシュ トーマツ北京事務所にて、中国税務コンサルティングの業務に従事しておりました。

董剛先生は、対外経済貿易大学を卒業しました。その後、米国南カリフォルニア大学(USC)で学び、会計学修士の学位を取得しました。董剛先生は、アメリカ及び中国の登録会計師の資格を所有しております。2009年に中国司法試験に合格しました。

使用言語は中国語と英語です。

AQ担当者

AQ
董剛はAQ担当者の一人です
法律論文作者

2020年10月12日,经济合作与发展组织(“OECD”)分别发布了关于“支柱一”和“支柱二”方案的蓝图报告(“支柱一蓝图报告”和“支柱二蓝图报告”,合称为“支柱蓝图报告”),向公众征询意见。通过该做法,OECD推后了其此前关于OECD成员国能在今年年底前达成全球技术性和政治性共识的期望。考虑到世界正聚焦于COVID-19及美国总统选举,这并不令人感到惊讶。

09 December 2020

2020年6月,美国决定“暂停”加入经济合作与发展组织(“OECD”)的支柱一和支柱二方案,该方案为OECD税基侵蚀与利润转移(BEPS)项目的“第二阶段”。尽管如此,OECD仍然强调,美国既未退出谈判,也没有停止磋商。这一事件及时提醒我们,对于实施OECD的支柱一和支柱二方案,还存在着一系列障碍。本文对相关方案进行了概述,并就在国家间无法达成共识的情况下推进这些方案的替代性方法展开了思考。

07 October 2020

This tax reform will have a profound impact on the economic landscape of America and the world at large.

06 February 2018

In response to the upcoming individual income tax reform, we have summarized the key points of the CRS Regulations.

24 May 2017