丁婕

取扱分野

丁弁護士の主要な取扱分野は、外国投資、M&A、事業再編・清算、税関と貿易コンプライアンスです。

丁弁護士は、数多くの外国企業の対中投資、M&A、会社解散・清算、撤退プロジェクトに携わり、エネルギー、電子製品、機械、自動車、金融及び小売業等の業界に関わる案件を担当してまいりました。また、外国投資企業の設立、運営及び撤退の過程における労働、外貨、税関等の問題においても、豊富な専門知識と実務経験を有しております。

丁弁護士は、多くの税関・貿易コンプライアンス案件に携わり、輸出入取引スキームの設計、企業輸出入業務に関するコンプライアンス調査、貿易コンプライアンス管理、税関価格評価及び税関査察への対応等において豊富な実務経験を有しています。

丁弁護士は、複数の多国籍企業、国内外大型機関・企業の中国法顧問を務めており、それらの中国投資、貿易、融資活動の全体的な計画、日常運営および紛争防止等においてリーガルサービスを提供しています。

経歴

丁弁護士は、2007年に金杜法律事務所に入所しました。金杜法律事務所加入以前は、トヨタ自動車ファイナンス(中国)有限公司に勤務しており、日本の法律事務所での業務経験も有しております。

丁弁護士は、復旦大学を卒業し学士学位を取得後、北京大学法学院に入学し、修士学位を取得しています。大学院在籍期間には、日本に交換留学しました。2007年に中国弁護士資格証書を取得しました。

丁弁護士は、現在、中国政法大学大学院特別招聘講師、中国人民大学法学院税関・外貨研究所副秘書長を務めております。

業務において使用する言語は、中国語、日本語、英語です。