クロスボーダー投資

クロスボーダー投資 - 中国

クライアントのクロスボーダー投資を全面的にサポート

国内投資(外商直接投資)及び国外投資を含む各種クロスボーダー投資に関し、金杜は豊富な経験を有しており、また、際立った業績を持っています。金杜のクライアントは、金杜の中国法、マーケット及び文化に対する深い理解及び全世界に広がるネットワークを享受することが可能です。金杜は、中国だけではなく世界的な範囲におけるあらゆる投資活動に対し、クライアントにワンストップのリーガル・サービスをご提供することができます。

また、投資に関する専門知識をもとに、クライアントに国内外のグローバルな投資機会をご提供いたします。

外商直接投資(FDI)

金杜は、対中投資を行う多国籍企業及び国外へ投資を行う国内企業に対するリーガル・サービスの提供において、豊富な経験を有しています。これまで多くの業界において大きな注目を集めた外商直接投資プロジェクトに参加しており、プロジェクトの全段階及び投資過程に生じる全ての問題の処理をサポートすることが可能です。

また、クライアントのプロジェクトのため最も有効な取引のフレームワークを選択し、潜在的な業務提携パートナー及び投資先の評価をサポートするとともに、対象会社又は対象資産に関するデューデリジェンスを行うことが可能です。このほか、取引に関する文書の起案、審査及び意見提出、文書中の条項についての交渉などを代行いたします。
投資及び撤退の全過程をモニターし、発生する可能性のあるトラブルを予防します。外商直接投資に関する豊富な経験により、起こりうるあらゆる法的問題について、最適な解決案の提示することができます。

開く閉じる

国外投資

「走出去(対外進出)」戦略の展開を背景に、中国の国外投資は、その範囲及び量のいずれの面においても絶え間ない増加傾向を示しています。金杜はこのマーケットの中心的な位置に立脚し、中国企業をサポートして国外投資を行うとともに、海外の資源、技術、ブランド及びマーケットの活用を進めています。

投資問題について金杜をあなたの法律事務所としてお選びいただくこと、それはクライアントのニーズを理解し、かつ十分なコミュニケーションを図ることのできる法律事務所を選択したことを意味します。複雑なグローバル環境のなか、投資取引がどれほど重大であろうと、どれほど複雑であろうと、金杜のチームは確実かつ正確に関連情報の伝達、転化を実行し、クライアントのニーズを満たします。

金杜は国外取引に関する中国の監督・管理及び審査認可のプロセスを熟知しており、中国のクライアントが国外取引を行う際にしばしば直面する問題についての理解も深く、こうした問題の画期的な解決案を見出すことが可能です。

多国籍企業、国有企業、国内外私営企業、不動産ディベロッパー、金融投資家(プライベートファンドを含む)及び請負業者など、多くの企業が投資に関する金杜弁護士の法的アドバイスから、利益を上げることが可能です。私たちはこれまでマーケットにおいて、多くの分野(エネルギー、資源、不動産、製造業及び小売業を含む)の最も重大かつ複雑な国内外取引に関わり、法的アドバイスを提供してまいりました。

金杜の専門知識は次の範囲に及びます。

外商直接投資

  • 外商投資企業の設立
  • 外商投資企業への継続的な法的アドバイスの提供
  • カンパニー・セクレタリー・サービス
  • 主管機関への認可申請
  • 税に関するプランニング
  • 労働・就業面での法的アドバイス。

国外投資:

  • 緑地投資プロジェクトの設立
  • 買収(株式資産)
  • 設計、調達、施工総請負(EPC)
  • ストラクチャーの設計
  • 資産の分離。

この分野に対して金杜は万全のチーム体制を誇っています。

社の業務に影響のある法律問題に関する最新見解をご確認ください。

Into A New Era: Changes and Challenges in the Foreign Investment Legal Regime of China

15 March 2019

The US Second Circuit rules that non-US individuals and companies are not subject to the US Foreign Corrupt Practices Act if they are not employees or agents of a US company and if they do not commit全文

31 August 2018

we briefly compare some key general differences between PRC law-governed contracts and common law-governed contracts.

08 August 2018

It’s particularly worth noting that, the NDRC made restrictive interpretations with respect to the scope of sensitive projects.

10 July 2018