垂直的協定

垂直的協定 - 中国

垂直的協定により調査の対象となるリスクを低減します

中国では、事業者が、競争を排除または制限するような垂直的協定を結ぶことが禁止されています。とりわけ、再販売価格の維持や、経営または販売地域を割り当てる行為は、独占禁止法執行機関の調査を受けることになります。

金杜では、コンプライアンスの立案を専門とし、リスクを最小化するための法的アドバイスを提供しております。また、垂直的協定が中国反マネーロンダリング法に沿うように、サプライヤー、顧客、代理店、ライセンシーと締結する商業契約のドラフト・レビューを行うことで、クライアントのビジネス目標の実現をサポートしております。

金杜は、日用消費財、オンライン予約サービス、家庭用電気製品、ヘルスケア、銀行業務・融資、自動車・自動車部品といった様々な業種の多国籍企業、国有企業、民営企業の代理を務めています。

主に以下に関するサービスをご提供しております。

  • コンプライアンス・ガイダンス
  • コンプライアンス研修
  • 行政調査、刑事調査
  • 私営企業訴訟
  • 行政訴訟。

社の業務に影響のある法律問題に関する最新見解をご確認ください。

With policies taken, China begins to strike e-commerce competition issues. Under such circumstances, what should business operators do? This article may tell you the answer.

14 July 2015