楼仙英

Head of IP, KWMIC

上海, 中国

深圳, 中国

専門業務

楼仙英の主な専門業務は、知的財産権の法律事務です。知的財産権の商業化と許可、知的財産権の保護、知的財産権管理と争議解決、及び国内外の商標申請などが含まれ、次のような技術領域と産業の中で16年以上の業務経験があります。機械及び電子工業、飛行器具及び航空、エネルギー、新素材、鋼鉄及び合金、半導体製造及び設備、医療器械、コンピューターソフト、健康管理、食品及び日用品工業、化学及び医療産業等。

楼は、クライアントの商業取引での知的財産権コンサルティングサービスの提供に精通しており(買収と合併、上場、PEファンド、共同出資、技術譲渡、研究開発センター設立、サービスアウトソーシング、戦略的協力等の方面も含まれる)、知的財産権デューデリジェンス、自由実施調査(FTO調査)、知的財産権リスク調査、技術評価等の総合コンサルティングサービスを提供しております。クライアントの代理として技術取引協議、契約書の草案とチェックを担当し、同時にクライアントに有効的な企業知的財産権管理制度、特に国際的な職務発明、機密と競業避止義務方面の企業管理制度を確立する協力をしています。

楼は、知的財産権争議解決方面に豊富な経験があり、特に特許、商標、商業概観及び商業機密分野に及びます。楼は、顧客の申請戦略制定や合理的な知的財産権所有権の処理を得意としており、クライアントを代理して特許再審査委員会や商標審議委員会の行政不服審査や行政訴訟に参与しました。

経歴

2006年に金杜法律事務所に加入しました。入所以前は、上海某特許商標代理有限公司の総経理として勤務しました。楼は1995年に商標代理人の資格、1996年に特許代理人の資格を取得しました。業務における使用言語は、中国語と英語です。

1992年に大連理工大学の工学学士を取得、1994年に上海工業大学のコンピューター応用高級研修班課程を修了し、2004年に中国政法大学民商法大学院生課程を修了し、2007年にアメリカマーシャル法学院知的財産権LLMの学位を取得しました。

国際ライセンス協会(LES)中国分会理事、米国知的財産権法協会(AIPLA)、国際商標協会(INTA)及び国際保護知的財産権協会(AIPPI)の会員です。また、中華全国専理代理人協会(ACPAA)の会員であり、上海商標協会代理機構専門委員会の副主任でもあります。

Current site :    中国   |   JP
オーストラリア
ベルギー
中国
中国香港特別行政区
ドイツ
イタリア
日本
シンガポール
スペイン
アラブ首長国連邦
英国
米国
グローバル