コンプライアンス業務

独占禁止と不正競争防止

アジア太平洋地域又は欧米を問わず、競争当局による市場管理が厳格化されており、特に競業者間の独占協定、販売代理店とサプライヤー間の取決め、あるいは事業者結合申告や市場支配的地位の濫用などに対する法律の執行が強化されています。企業においても、競争法の遵守徹底や独占禁止法違反調査への対応のため、事前計画の重要性が意識されるようになりました。

金杜法律事務所の独占禁止法チームは中国のこの分野の法律に精通しています。当事務所は中国でいち早く独占禁止に関連するコンサルティング業務を開始した法律事務所の1つであり、業界においても先導的役割を果たしていると認められています。当事務所は中国の「独占禁止法」体系の誕生から現在に至るまでの全ての過程を見てきたほか、中国の「独占禁止法」やその他多くの関連法令の起草、改正、公布の全ての過程に深く関わってきました。

「経済の憲法」ともいわれる「独占禁止法』は中国の市場経済にとって極めて重要な法律であり、中国の法制度と市場経済の発展に伴い新たに変化しています。当事務所の独占禁止法チームは日々目まぐるしく変化する厳しい法律環境に依頼者の皆様が円滑に対応できるよう総合的で高度なリーガルサービスを提供します。

当事務所が提供する総合的なリーガルサービス

  • 事業者結合申告の審査
  • 独占禁止法に関するコンプライアンス
  • 独占禁止法に関する調査
  • 独占禁止法に関する訴訟
Current site :    中国   |   JP
オーストラリア
ベルギー
中国
中国香港特別行政区
ドイツ
イタリア
日本
シンガポール
スペイン
アラブ首長国連邦
英国
米国
グローバル